結婚式・ウェディング

スマートな「祝電」を送るポイント!

Column wed main02

1. 季語を使う

定番ながら文章がぐっと引き締まります。
季語は文頭に入れるケースが多いので、文例集を参考にしてみてください。文例集ページへ

2. 偉人の残した名言を使う

昔から受け継がれてきた偉人の言葉には、端的に心を伝える名言がたくさんあります。
祝電という短い文章で取り入れるからこそ、メッセージに感動と深みが増します。文例集ページへ

3. 祝電の到着は式より早めに

式の前日までに配達されるようにするのが一般的。
遅くとも、結婚式や披露宴が始まる1~2時間前までには届くよう、手配します。

4. うっかり「NGワード」を使わないこと

重ね言葉は再婚や別れをイメージさせます。
つい使ってしまうので気をつけましょう。

5. 大切なのは「心を伝えること」

ビジネスマナーだけを気にして、気持ちが伝わらないのはとても残念なことです。相手を思い浮かべて綴る言葉は、その一つひとつが人の心を打つもの。SNSなどでオンラインのコミュニケーションが通常になりつつある現代だからこそ、定型文にこだわりすぎないオリジナルな電報で、「心を伝えること」が、結婚式や披露宴にさらに華を添えられます。

e-denpoは、オリジナル文章を事前に20種類まで無料登録できます。
慌てず、ミスなく、オリジナルで心のこもった電報をお届けできますので、ぜひそちらもご利用くださいませ。
※会員登録(無料)が必要です

上記ポイントを踏まえてぜひ、スマート&ハートフルな祝電を送ってくださいね。

おすすめの記事

RECOMMEND

一覧に戻る

電報サービスに関して