弔電・お悔やみ電報

よく注文されているフラワー商品

ご利用シーンから探す

商品カテゴリから探す

弔電のおすすめ文例

取引先関係者様へ

  • ○○様のご逝去の報に接し 謹んでお悔やみ申し上げます ご遺族皆様方が 一日も早く心安からな日々に戻れますよう お祈り致しております
  • 貴社○○様のご急逝の報に接し 弊社社員一同 心よりお悔やみ申し上げます 在りし日のご功績を偲び 謹んで哀悼の意を捧げます

知人友人へ

  • ○○様のご訃報に接し 心からお悔やみ申し上げます ご生前の笑顔が思い出され 深い悲しみでいっぱいです 安らかにご永眠されますよう お祈り致します
  • ○○様のご逝去の報に接し 大変驚いております お元気だったころのお姿が思い出されて いまだに信じられません ご生前のご厚情に深く感謝申し上げますとともに 故人が安らかにご永眠されますよう 心よりお祈り致します

弔電の送り方

  • POINT01
    送り先、お通夜・葬儀・告別式の日程を確認
    訃報に接した場合、まずはお通夜や葬儀・告別式の住所と日程を確認しましょう。
    弔電はお通夜と葬儀・告別式のいずれに送ってもよいですが、弔電が読み上げられるのは告別式であることが多いものです。
  • POINT02
    弔電を届けるタイミング
    祝電を届けるタイミングは「式の前日まで」に届くよう手配します。
  • POINT03
    弔電の申し込み
    弔電の送り先や日程、文章が決まったら、弔電を申し込みます。弔電には、表面に刺繍をほどこした「刺繍電報」や、押し花をあしらった「押し花電報」、フォーマルな漆箱を使用した「漆電報」など、多くの種類から選ぶことができます。葬儀に参列してお渡しするはずだった香典の金額を目安に、故人との関係性に合わせて選ぶとよいでしょう。
    e-denpoでは、14時までにお申し込みいただくと最短で当日18時までのお届けが可能です。(一部地域や日曜を除く)
  • POINT04
    弔電の宛名と差出人について
    弔電の宛名は故人ではなく、喪主の名前とするのが一般的です。差出人は、会社などで連名で弔電を出す場合は、代表者と関係者の名前を記載します。
  • POINT05
    縁起が悪いとされる言葉は使わない
    通夜や葬儀・告別式では、不幸が続くことを連想させる言葉や、不吉な言葉などは忌み言葉とされているので使用を控えましょう。
    不幸が続くことを連想させる言葉
    例) 折り返し、追って、再び、たびたび、重ね重ね、またまた、再三 ・不吉なことを連想させる言葉
    不吉なことを連想させる言葉
    例) 数字の四や九、消える、落ちる
    不幸な言葉
    例) 苦しむ、迷う、いよいよ、とんだこと、浮かばれない、続く

よくあるご質問

配送地域は?
日本全国へ信書便としてお届けが可能です。
※一部地域は日本郵便株式会社を利用した「差出代行」でのお届けとなります。
申し込みからお届け完了までどれぐらい要しますか?
お届け先地域により異なりますが、目安としては下記の通りです。
・8時までの受付完了で、最短で当日11時にお届け可能
・14時までの受付完了で、最短で当日18時にお届け可能
・24時までの受付完了で、最短で翌日11時にお届け可能
※全地域が上記の通りではございませんので、詳しくは「ご利用ガイド > 配送・お届け時間について」よりご確認ください。
※加盟店(加盟式場)の場合は、受付完了から最短120分後のお届けが可能です。
配送状況の確認はできますか?
ログイン後、「マイページ > ご利用履歴」より配送状況の確認が可能です。(会員登録が必要です。)また弊社お問い合わせ窓口までメール、またはお電話にてお問い合わせいただくと詳細の配送状況をお調べさせていただきます。(お調べにお時間がかかる場合がございます)
キャンセルや内容の変更はできますか?
はい。配送の準備が行われていない場合のみ、キャンセルやメッセージ内容の変更がお客様ご自身によりインターネットにて可能で、可能な状態の場合のみキャンセルや変更が表示されます。(一部商品、一部お支払い方法のお客様を除く)
ただし、お届け先とお届け希望日の変更はできかねます。
また、キャンセルを行なった場合でも状況によっては料金をそのままご請求させていただくこともございますのでご了承ください。

弔電の送り方マナー

導入事例

今日・明日中に届けたい方

ご希望の種別をお選びください。

お届け先 郵便番号をご入力ください。

お申込みの流れ

  • 商品を選ぶ

  • お届け日+配送先を決める
    (配送可否チェック)

  • メッセージを作り、
    決済方法を選ぶ

  • 注文完了

電報サービスに関して